コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第三者異議の訴え だいさんしゃいぎのうったえ Exekutionsinterventionsklage; Widerspruchsklage

4件 の用語解説(第三者異議の訴えの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第三者異議の訴え
だいさんしゃいぎのうったえ
Exekutionsinterventionsklage; Widerspruchsklage

強制執行が行われた場合に,第三者が執行の目的物について所有権その他目的物の譲渡または引渡しを妨げることのできる実体上の権利を主張し,執行の不許を求める訴え (民事執行法 38) 。訴えの性格については,学説が分れているが,第三者の異議権を訴訟物とする形成訴訟と解するのが通説である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

第三者異議の訴え【だいさんしゃいぎのうったえ】

第三者が強制執行の目的物につき自己の所有権などを主張して,債権者に対し,執行の阻止・排除を求める訴え(民事執行法38条)。債務者の家にある第三者の財産が誤って差し押さえられることも生じ得るので,こうした場合の救済方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいさんしゃいぎのうったえ【第三者異議の訴え】

強制執行の目的物について,所有権など執行を妨げうる権利をもつ第三者が,強制執行の排除を求める訴え(民事執行法38条)。たとえば,Aの所有動産をBが保管している場合に,Bの債権者がその動産を差し押さえることがある。差押えを実施する執行機関は,目的物が債務者の財産に属するという外観があれば執行を開始し,真実の権利関係を確かめるわけではないので,このような事態が生じうる。そこで,目的物の所有権を主張するAの側からこの訴えを提起させて,裁判所が真実の権利関係を判定しようというのが,第三者異議の訴えの趣旨である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第三者異議の訴え
だいさんしゃいぎのうったえ

当該執行の第三者たる原告の権利を害してなされた、特定財産に対する強制執行の排除を目的とする訴え。強制執行は、債務名義またはこれに付記する執行文に債務者として表示された者の財産に対してのみ実施できるのであるから、それ以外の者に対する強制執行によって、誤って自己の財産について執行を受けた第三者があれば、その者は執行債権者を相手方として、執行の目的物に関する第三者異議の訴えを提起し、当該財産に対する強制執行を許さない旨の判決を求めることができる(民事執行法38条1項)。第三者異議の訴えの異議事由は「目的物について所有権その他目的物の譲渡又は引渡しを妨げる権利」である(同法同条1項)。これは、第三者が、執行の目的物につき有する権利が当該強制執行により侵害され、かつ第三者がこのような侵害を受忍すべき法律上の理由がない旨を主張することを意味するものである。なお、債務者が第三者の主張する異議事由を争うときは、債務者をも共同被告とすることができる(同法同条2項)。[内田武吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の第三者異議の訴えの言及

【強制執行】より

…たとえば,債務名義に表示された請求権がすでに消滅している場合は,執行は是認されず,債務者には〈請求異議の訴え〉という救済手段が与えられる。また,第三者の所有物に対する執行も不当執行であり,これに対しては第三者が〈第三者異議の訴え〉(38条)を提起することができる。これらの訴えが提起されても,当然には,執行は停止されないが,裁判所は,一定の要件の下に執行の停止を命じることができる(36条。…

※「第三者異議の訴え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

第三者異議の訴えの関連キーワード仮執行強制執行執行権執行罰執行力執行委任執行行為執行処分強制執行妨害罪債権執行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone