コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二会社 だいにかいしゃsecond company

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第二会社
だいにかいしゃ
second company

会社が倒産した場合に,倒産会社の整理と事業の運営を切離し,事業の再出発を目的として,倒産会社の一部の経営者や従業員が新たに設立する会社。会社更生法は,更生計画において第二会社 (新会社) の設立に関する条項を定めることを認め (211条) ,設立について必要な事項を定めている (226条) 。第二会社の経営上の安定性には,倒産会社の債務を引受けたり,保証したりするような将来に負担を負う形をとらず,倒産会社の整理から遮断されていることが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいに‐かいしゃ〔‐クワイシヤ〕【第二会社】

第二次大戦後、戦時補償の打ち切りや海外資産の喪失によって経営難に陥った企業が、企業再建整備法に基づいて設立した新会社。転じて、ある会社が解散したのち、その資産・営業などを承継して設立した新会社のこともいう。
財務状況が悪化した中小企業が収益性のある事業部門を継承するために設立する会社。受け皿会社。→第二会社方式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいにがいしゃ【第二会社】

事実上はある会社の営業を継承しながら、形式上は独立して設立される会社。経営が行き詰まった会社の更生・再建などのために設立される。
第二次大戦の終了による軍需発注の停止、海外資産の消失などによって危機に瀕した企業が、企業再建整備法に基づいて設立した新会社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第二会社
だいにがいしゃ

経営難に陥った会社を再建するため、負債を含む資産勘定を棚上げし、営業活動だけを行うために新設される会社。会社更生法の規定する再建方法の一つであるが、第二会社という語は法律用語ではない。経営難の会社を解散するよりも関係者にとって損害が少なく、再建の可能性があるときに用いる。なお、第二次世界大戦直後、戦時補償を打ち切られた会社に、この名称を用いたことがある。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

第二会社の関連キーワード太陽生命保険[相互会社]日産ディーゼル工業[株]日本生命保険(相互)協和発酵キリン(株)王子ホールディングス住友金属鉱山(株)三井金属鉱業(株)三井生命保険[株]日窒コンツェルン沖電気工業(株)三菱鉱業セメント住友不動産[株]UDトラックス企業再建整備法豊田通商[株]三菱地所(株)三菱商事(株)発行日決済取引住友金属鉱山アイシン精機

第二会社の関連情報