コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝り コゴリ

6件 の用語解説(凝りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こごり【凝り】

凍って固まること。こごること。また、そのもの。
「霧が巨きな―になって太陽面を流れている」〈賢治・圃道〉
煮魚のゼラチン質が煮汁とともに冷えてゼリー状に固まったもの。煮こごり

こり【凝り】

筋肉がかたくなってその部分が重く感じられること。「肩の凝り」「凝りをほぐす」
一つの物事に熱中すること。「凝り性(しょう)」
凝結すること。
「夕―の霜置きにけり朝戸出にいたくし踏みて人に知らゆな」〈・二六九二〉

しこり【凝り/×痼り】

筋肉・皮下組織などの一部が、こってこわ張ったり、固いかたまりをつくったりすること。また、その部分。「肩の―をほぐす」
物事がかたづいたあとまで残るわだかまり。「両者の間に―が残る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こり【凝り】

肩がこる,筋肉がこる,などという場合の〈こる〉という言葉は,筋肉が異常に緊張したり,または痙縮を起こしたときに感じる自覚症状を意味する。筋肉の緊張が亢進すると,ついには痛みを感じるようになる。こりと痛みとは表裏一体の現象で,つまり,こりとは有痛性痙縮ということができる。こりの最も一般的な原因は筋肉の疲労である。たとえば肩こりを考えると,人間が日常,5~6kgの上肢全体を軀幹からつり下げているためには,僧帽筋,肩甲挙筋,前鋸筋が常時,抗重力作用を営んでいなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こごり【凝り】

こごること。また、そのもの。
魚の煮汁をこごらせたもの。煮こごり。

こり【凝り】

何か一つのことに熱中すること。こること。 「 -性」 「 -屋」
こってできたしこり。 「肩の-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の凝りの言及

【筋肉痛】より

…これに対して,筋肉になんらかの外傷や急性炎症がある場合の疼痛は,局在がはっきりした鋭い痛みとなる。筋肉痛の場合は,筋肉の緊張が亢進しており,いわゆる〈こ(凝)り〉という自覚症状を伴うことが多い。このような疼痛を有痛性痙縮というが,筋肉の痙縮により疼痛が発生するのか,疼痛により痙縮が発生するのか,両者は表裏一体の現象である。…

※「凝り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

凝りの関連キーワードエコルシェコルコルク組織肩が凝る蠱るコルク化コルク草履コルス島コルレス先沸き起る

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凝りの関連情報