コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫野[市] ちくしの

2件 の用語解説(筑紫野[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

筑紫野[市]【ちくしの】

福岡県中西部の市。1972年市制。中部は脊振(せふり)山地と三郡山地の間の地峡部で,中心集落の二日市があり鹿児島筑豊本線,西鉄天神大牟田線,九州自動車道,国道3号線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくしの【筑紫野[市]】

福岡県西部の市。1972年市制。人口8万1988(1995)。市域は北東に三郡山地,南西に脊振山地が広がり,南西部は佐賀県に隣接する。中央に福岡・筑紫(つくし)両平野を結ぶ二日市構造谷の低地がある。鹿児島本線西鉄大牟田線,国道3号線,九州縦貫自動車道が福岡市に通じ,南西部を筑豊本線が通る交通の要地である。中心の二日市は宿場町・市場町として発達,二日市温泉があり,西鉄太宰府線の分岐点として太宰府への観光基地にもなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

筑紫野[市]の関連キーワード堀内恒夫東映(株)日中関係田中角栄内閣頭脳警察あがた森魚日本赤軍ふしぎなメルモテレビドラマプロヴォーク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone