コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慎む/謹む ツツシム

2件 の用語解説(慎む/謹むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつし・む【慎む/謹む】

[動マ五(四)]
あやまちや軽はずみなことがないように気をつける。慎重に事をなす。「行動を―・む」「言葉を―・みなさい」
度をすごさないようにする。控えめにする。節制する。「酒を―・む」「暴飲暴食を―・む」
(「謹む」と書く)うやうやしくかしこまる。「―・んで御礼申し上げます」→謹んで
「君達(きんだち)さへ余り―・み給て、今は目も見せ給はねば」〈狭衣・四〉
物忌みする。斎戒する。
「ながき物忌みにうちつづき、著座といふわざしては―・みければ」〈かげろふ・下〉

つつ・む【慎む】

[動マ四]《「包む」と同語源》
気がねする。遠慮する。
「人目も今は―・み給はず泣き給ふ」〈竹取
気後れする。
「例いとよく書く人も、あぢきなうみな―・まれて」〈・二三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慎む/謹むの関連キーワード怪しむ危ぶむ過ち軽はずみ粗忽待ち倦む言誤る書誤る早まる待望む

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone