祝(い)事(読み)イワイゴト

デジタル大辞泉の解説

いわい‐ごと〔いはひ‐〕【祝(い)事】

めでたいこと。慶事

ほぎ‐ごと【祝事】

祝いの行事。祝いごと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いわい‐ごと いはひ‥【祝事】

〘名〙
① めでたい、祝うべき事柄。祝儀。慶事。
※四河入海(17C前)一〇「何事を申すぞと云へば、只いはい事にも、貴方かまいて此榧子の如にわたれかしぞ」
② これから、よい状態になったりよい事が起こったりすることを願って行なう儀式。
※玉塵抄(1563)五一「いねは家にかり入れて、ふさがりをき所もないやうに多うあるようにと祈て祝していわいことをしたぞ」

ほぎ‐ごと【祝事】

〘名〙 祝いの行事。祝いごと。
※菅江真澄遊覧記(1784‐1809)恩荷奴金風「もろこし人は吉利、字眼などほぎごとして、寿像のたぐひにはかならず鹿と蝠との図(かた)を画(かい)て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android