(読み)ハン

デジタル大辞泉「範」の解説

はん【範】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハン(漢) [訓]のり
基準となる一定の型。手本。「範式範例規範師範垂範典範文範模範
区切られた枠。「範囲範疇はんちゅう
広く行き渡る。「広範
[名のり]すすむ

はん【範】

手本。範。「を後世に残す」「工業先進国にをとる」
[類語]手本模範規範モデル典型亀鑑規矩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「範」の解説

はん【範】

〘名〙
① てほん。のり。模範。「範を垂れる」
※貧乏物語(1916)〈河上肇「以て後学の範と為すべきものがある」 〔爾雅‐釈詁〕
② 区切り。限り。範囲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android