コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠栗[町] ささぐり

百科事典マイペディアの解説

篠栗[町]【ささぐり】

福岡県中部,粕屋(かすや)の町。主集落篠栗は福岡と飯塚を結ぶ街道の旧宿場町で,篠栗線が通じる。新四国八十八ヵ所の札所があり,巡拝路は景勝にすぐれ参拝客が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ささぐり【篠栗[町]】

福岡県中央部,粕屋(かすや)郡の町。人口2万6314(1995)。福岡平野の東縁に位置し,東は飯塚市に接する。標高600~700mの低山地に囲まれ,西流する多々良川沿いに沖積低地が開ける。中心の篠栗は長崎街道に沿う旧宿場町で,JR篠栗線,国道201号線が通じる。勢門(せと)地区にあった大小の炭鉱は1963年までにすべて閉山した。新四国八十八ヵ所の霊場があり,春秋に多数の巡礼者が訪れるが,40kmに及ぶ巡礼路は景勝地として知られ,若杉山など付近一帯は太宰府県立公園に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android