コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋枯病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

紋枯病(トウモロコシ)

激発すれば植物体全体の枯死にもつながる重要な糸状菌病。梅雨入り前から地際部で発病し、病斑が葉鞘を伝って上部へ進展する。病斑は周縁部褐色、中心部灰白色の雲形斑となる。発生後期には病斑上に褐色で表面が滑らかな菌核をつくり、これが地面に落ちて翌年の感染源となる。高温(特に30℃以上)高湿条件で多発し、1日1cm以上病斑が進展する。トウモロコシでは病原菌の多くがR.solani 菌糸融合群AG-1 培養型ⅠAであり、これは牧草葉腐病、イネ・ソルガム紋枯病などと共通している。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

紋枯病(トウモロコシ)の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(オオクサキビ)株腐病(ライグラス)紋枯病(シコクビエ)紋枯病(飼料イネ)細胞壁合成阻害剤電子伝達系阻害剤農用抗生物質植物菌類病病虫害

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android