コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋羽病 もんぱびょうroot rot

2件 の用語解説(紋羽病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紋羽病
もんぱびょう
root rot

真正菌の一種が根に寄生する植物の病気で,紫と白の2種がある。罹病樹は地際部に,紫紋羽は紫褐色,白紋羽は灰白色ないしねずみ色の菌糸膜を形成する。いずれも土壌伝染で全国的に発生し,多犯性で寄主植物は桑のほか,紫紋羽病菌が百余種,白紋羽病菌は七十余種に及んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もんぱびょう【紋羽病】

果樹などの病気。これにかかった植物は地上部全体に生気がなく,葉は黄褐色に変わって脱落し,根を掘ってみると,白色または紫色のカビが網目状におおっている。白紋羽病white root rotと紫紋羽病violet root rotとの2種類があるが,地上部だけをみてこの二つを見分けることはむずかしい。根をおおった菌が組織を侵し,養分の吸収,水分の上昇を妨げるので植物全体が枯死する。白紋羽病は,子囊菌Rosellinia necatrix,紫紋羽病は,担子菌Helicobasidium mompa病原菌である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone