コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙座 カミザ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ざ【紙座】

中世、紙の製造・販売についての特権を幕府や本所(ほんじょ)に承認されて独占した職業集団。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かみざ【紙座】

中世において地方製紙業の顕著な発展の結果,紙の商品生産および流通機構が発展してくるが,これに伴い製紙工や紙商人は営業の特権獲得のため朝廷公家社寺本所としてを結成していった。その早い例では1407年(応永14)ごろの奈良南市の紙座がある。また応仁年間(1467‐69)には,京都宝慈院を本所とする近江枝村商人が美濃大矢田の市場と京都の間の紙荷運搬を独占していた。諸国から京都へ搬入される紙荷には入公事が課せられたが,枝村商人はこの免除権を所持していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かみざ【紙座】

中世、紙商人の同業組合。紙の座。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙座
かみざ

昔の紙商組合。中世に朝廷、貴族、社寺などの保護を受けて各種商品の製造や販売などの独占権を得る組織が多くつくられ、それらを座と称したが、紙座ができたのは室町時代の後期である。近江(おうみ)国(滋賀県)蒲生(がもう)郡枝村の『日吉(ひえ)神社文書』に、そのもっとも古い記録が残っている。それによると、14世紀ごろから枝村の商人は延暦(えんりゃく)寺や京都の宝慈(ほうじ)院の保護のもとに、美濃(みの)国(岐阜県)大矢田(おおやだ)村(美濃市)方面や北陸地方の産紙までも広くその集荷販売を独占し、その後の近江商人の発展の先駆けをなした。これによって京都へ運ばれた美濃紙は、室町時代に流行した草紙の料紙としてもてはやされ、産地の美濃では製紙が繁栄した。応仁(おうにん)の乱(1467~77)以後、社会秩序が崩れた際に、企業の少数支配の体制が新興業者によって破られ、紙座もほかの座の制度とともに失われた。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紙座の言及

【楮座】より

…中世,紙の原料であるコウゾの特権的な取引に当たった京都の商人。当時もっとも大きい京都の紙需要は,地方から送られた年貢・商品紙と,洛中の紙製造販売業者(紙座)の手になる紙によって充足されていたが,楮座は洛中紙座に供給する原料コウゾの特権的な取引に従事していた商人団と考えられる。《惟房公記》によると,16世紀中葉の永禄年間に田中家久なるものが本所に貢納すべき公事にかかわっているので,おそらく座の座頭・乙名の地位にあったものであろう。…

※「紙座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙座の関連キーワード同業組合越前奉書楮座宮座

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android