コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素秋 ソシュウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐しゅう〔‐シウ〕【素秋】

《「素」はの意。五行説で白色をに配するところから》異称 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

素秋 そしゅう

1675-1735 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝3年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)倉敷の庄屋各務支考(かがみ-しこう)らにまなぶ。享保(きょうほう)20年10月8日死去。61歳。編著に「桃の寝覚」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すあき【素秋】

連句で、秋の句が三句から五句続く中に、月の句が詠まれないこと。作法上嫌われた。 → 素春

そしゅう【素秋】

〔「素」は白の意。五行説で、白が秋にあたることから〕
秋の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

素秋の関連キーワード伊藤 正雄俳人素春白秋異名連句

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素秋の関連情報