コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跳ねる ハネル

2件 の用語解説(跳ねるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

は・ねる【跳ねる】

[動ナ下一][文]は・ぬ[ナ下二]
勢いよくとび上がる。躍り上がる。「川面に魚が―・ねる」「驚いた馬が―・ねる」
液体などがはじけてとび散る。「揚げ物の油が―・ねる」「炭がぱちぱちと―・ねる」
活気があって動き回る。また、おてんばである。
「お駒とて少し―・ねたる三五の少女は」〈蘆花不如帰
芝居などで、その日の興行が終わる。芝居小屋の外囲いの蓆(むしろ)を上の方へはね上げたところからいう。「芝居が一〇時に―・ねる」
芝居などで、観客の入りがよくなる。当たりをとる。
「今日の催しはきっと―・ねるだらう」〈滑・八笑人・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はねる【跳ねる】

( 動下一 ) [文] ナ下二 は・ぬ
はずみをつけて飛び上がる。跳躍する。 「子供が喜んでぴょんぴょん-・ねる」 「池の鯉こいが-・ねる」 「築地を越え-・ね入て/平家 5
まわりに飛び散る。また、はじける。 「泥が-・ねる」 「油が-・ねる」 「火中の栗が-・ねる」 「只松葉の-・ねる音が聞こえる許りだ/風流懺法 虚子
先端が上を向く。 「房の先が-・ねる」
活発である。 「なんぼきやんでも-・ねてゐてもそこは女だけで/安愚楽鍋 魯文
〔芝居などが終わると、むしろをはねあげたことから〕 劇場・映画館などで、その日の興行が終わる。 「芝居が-・ねる」
[表記] はねる(跳・撥・刎
「跳ねる」は“跳躍する。飛び散る。興行が終わる”の意。「ぴょんぴょん跳ねる」「カエルが跳ねる」「服に泥が跳ねる」「芝居が跳ねる」  「撥ねる」は“はじきとばす。除外する”の意。「車が泥水を撥ねる」「車に撥ねられる」「面接で撥ねられた」「日当の上前を撥ねる」  「刎ねる」は“首を切り落とす”の意。「敵将の首を刎ねる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

跳ねるの関連キーワード拗ねる綰ねる刎ねる真似る言連ねる折重ねる書連ねる食兼ねる飛跳ねる申兼ねる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

跳ねるの関連情報