コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組夫 クミフ

百科事典マイペディアの解説

組夫【くみふ】

何々組等の名称をもつ下請業者の配下で働く労働者。賃金労働条件は劣悪で就業状態も不安定。第2次大戦後職業安定法の規制ならびに労働基準法の中間搾取禁止規定により,上部企業の社外工あるいは直接雇用の臨時工とされるようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くみふ【組夫】

日本では明治期から,大工場における運搬,補修などの間接的部門の不熟練労働を労務供給業者に請け負わせてきた。これらの労務供給業者は組頭制度という労働組織を有し,そこで働く労働者は組夫と呼ばれていた。労務供給業者(組頭)は親分として住居等の組夫の生活上のめんどうをみる一方,さまざまな名目で組夫の賃金の中間搾取を行った。また企業にとっては,組夫は低賃金で,しかも景気変動の調節弁としても利用しうる労働力であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くみふ【組夫】

建設・鉱山業などで、会社ではなく組制の下請け企業に雇われている労働者。 → 社外工

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

組夫
くみふ

日本の産業資本主義の確立過程から、第二次世界大戦後、職業安定法の制定(1947)により労働者供給事業が禁止されるまで、鉱山、建設業、鉄鋼業、造船業、運送業などでみられた労働者供給制度が組夫制であり、組夫とは労働者供給を請け負う業者(組頭(くみがしら))が調達してきた作業員をいう。鉱山における組夫制は納屋制度または飯場制度とよばれた。鉱山の組夫は採掘作業に従事したが、工場では間接部門の荷造りや運搬作業、雑役作業に従事した。組頭は、組夫を親企業に紹介するごとに口銭(こうせん)を受け取り、また組夫の賃金から中間搾取も行った。1952年(昭和27)に職業安定法施行規則が改正され、労働者供給事業の規制が緩和されて以降、組夫制は社外工制度に引き継がれた。なお、経済学者藤本武の研究によれば、組夫制は日本だけでなく、中国、インド、イギリスなどにも存在した。[伍賀一道]
『北海道立労働科学研究所編『臨時工 後編』(1956・日本評論新社) ▽藤本武著『組頭制度の研究』(1984・労働科学研究所) ▽『隅谷三喜男著作集 第1巻 日本賃労働史』(2003・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

組夫の関連キーワード口銭夫婦

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組夫の関連情報