コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働科学研究所 ろうどうかがくけんきゅうしょ

3件 の用語解説(労働科学研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働科学研究所
ろうどうかがくけんきゅうしょ

1921 (大正 10) 年大原孫三郎 (当時倉敷紡績社長) によって設立された倉敷労働科学研究所の後身。労働医学などの自然科学や経営学,労働法学などの社会科学を労働面から研究しようとする目的で設立された研究所

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

労働科学研究所【ろうどうかがくけんきゅうじょ】

各種産業における労働条件労働環境等につき,医学を中心とする諸分野から総合的に研究する機関。1921年大原孫三郎が設立した倉敷労働科学研究所が前身。1937年東京に移って日本労働科学研究所,第2次大戦中は大日本産業報国会の中央研究所,戦後財団法人として再建して現名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうかがくけんきゅうじょ【労働科学研究所】

日本では紡績業の女工の労働条件は明治・大正期から昭和の初頭にかけとくに劣悪で,過労から健康を害するなどの問題が多かった。この合理的解決の基礎を科学的研究に求めようとした大原孫三郎は,彼が設立した大原社会問題研究所暉峻義等(てるおかぎとう)にそのための研究を要請し,1921年医学,心理学を中心とする倉敷労働科学研究所ができ,後に社会科学部門が加えられた。初期の研究には,創立10周年に暉峻による〈婦人労働に関する生物学的見解〉と総括されるものがあるが,当時の工場法改正の必要を婦人労働保護の視点から訴えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労働科学研究所の関連キーワードオープン・ショップ女工哀史団結権パートタイム労働法労働組合(労組)女工労働条件加藤タカ国際労働条件・作業環境改善計画綿糸紡績業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働科学研究所の関連情報