経済主義(読み)けいざいしゅぎ(英語表記)ekonomizm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「経済主義」の解説

経済主義
けいざいしゅぎ
ekonomizm

19世紀末から 20世紀初頭にかけて,ロシア社会民主労働党内に発生した改良主義的思潮をさす。労働者は目に見える成果のためにのみ戦うべきであり,労働者にとって重要な戦いは身近な要求を獲得するための経済闘争であり,政治闘争は第2義的なものにすぎないと主張した。経済主義の傾向は在外ロシア社会民主主義者同盟などに顕著であったが,『労働者の事業』 Rabochee delo,『労働者の思想』 Rabochayamysl'が,その機関紙であった。これに対してレーニンは,経済主義は労働者の自然発生性の前に屈服し,目的意識的な戦いを放棄する日和見主義であると徹底的に批判し,ツァーリ政府打倒のための政治闘争へ向う目的意識をもった戦いこそ重要であると主張した。また,経済主義とテロリズムは自然発生性の前に屈服する両極であるとして,きびしく指弾した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「経済主義」の解説

けいざい‐しゅぎ【経済主義】

〘名〙
① あるものを生産するのにかかる費用労力などを最小に抑え、最大の効果を得ようとする考え方。
趣味遺伝(1906)〈夏目漱石〉一「出してもの足りぬ声を使ふのは経済主義から云ふても功利主義から云ってもはぬ」
労働組合運動で、経済的問題と政治的問題とを分離し、前者だけを重視する考え方。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android