コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済主義 けいざいしゅぎekonomizm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済主義
けいざいしゅぎ
ekonomizm

19世紀末から 20世紀初頭にかけて,ロシア社会民主労働党内に発生した改良主義的思潮をさす。労働者は目に見える成果のためにのみ戦うべきであり,労働者にとって重要な戦いは身近な要求を獲得するための経済闘争であり,政治闘争は第2義的なものにすぎないと主張した。経済主義の傾向は在外ロシア社会民主主義者同盟などに顕著であったが,『労働者の事業』 Rabochee delo,『労働者の思想』 Rabochayamysl'が,その機関紙であった。これに対してレーニンは,経済主義は労働者の自然発生性の前に屈服し,目的意識的な戦いを放棄する日和見主義であると徹底的に批判し,ツァーリ政府打倒のための政治闘争へ向う目的意識をもった戦いこそ重要であると主張した。また,経済主義とテロリズムは自然発生性の前に屈服する両極であるとして,きびしく指弾した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいざいしゅぎ【経済主義】

労働運動で、経済的改善やそのための経済闘争を重視し、政治闘争を否定ないし第二義的なものと考える立場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

経済主義の関連キーワード国民同盟(日本の旧政党)なにをなすべきか?なにをなすべきか北京コンセンサスボルシェビズムAFLイデオロギーレーニン主義プレハーノフ一国社会主義組織心理学近代建築労働運動大平正芳労使関係コルシュギアツ否定ヘイ

経済主義の関連情報