コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網いけす養殖(網生簀養殖) あみいけすようしょくnet‐cage culture

世界大百科事典 第2版の解説

あみいけすようしょく【網いけす養殖(網生簀養殖) net‐cage culture】

水面を網で区切って行う養殖方法の一つで,ハマチやタイなど海産魚類の養殖の多くが現在この方法で行われており,小割養殖とも呼ばれている。海ばかりでなく,諏訪湖霞ヶ浦のコイの養殖のように湖沼でも行われており,また養魚池の中で稚魚を育てる時などにも網いけすが利用される。 網いけすにはふつう合成繊維の網が使われる。フグやイシダイなど歯の強いものには,金網が使われることもある。竹や丸太の枠に網を取りつけ,直接あるいはドラム缶や樽などの浮き水面に浮かべるのが従来の方法であったが,最近は投餌や取揚げなどの作業の足場を備えた鋼鉄製の枠に発泡スチロール製の浮きを使う方式が普及してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の網いけす養殖(網生簀養殖)の言及

【養殖】より

…有用な水産生物を増やし,育てること。水産養殖ともいう。同じような意味で古くから使われてきたことばに〈増殖(水産増殖)〉があるが,養殖と増殖の概念は時代とともに変化しており,今日も統一されているわけではない。生物学的にみれば,養殖も増殖も人が労力を加えて対象生物種の繁殖率,成長率,生残率などを高め,収獲量を増やそうとする行為であるが,生産方式や経営の面から両者を区別する考え方が有力である。すなわち,養殖では対象生物種の生涯のすべてないしは大部分を人が管理し,その生産物および生産手段の所有者がつねに明らかであるのに対して,増殖では対象生物種の天然水域での繁殖と成長を助長することが目的であり,生産物は漁獲されて初めて所有者が決まる。…

※「網いけす養殖(網生簀養殖)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android