綾上[町](読み)あやかみ

百科事典マイペディアの解説

綾上[町]【あやかみ】

香川県中部,綾歌(あやうた)郡の旧町。綾川上流域を占め,中・南部は山地。米,蔬菜,果樹を産するほか,酒造,縫製,食品などの工業も行う。綾川上流に洪水防止と灌漑(かんがい)用の長柄(ながら)ダムがある。2006年3月,綾歌郡綾南町が合併し町制,綾歌郡綾川町となる。71.20km2。6984人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あやかみ【綾上[町]】

香川県中部,綾歌郡の町。人口7124(1995)。讃岐山脈北麓,綾川上流域を占める。綾川とその支流の開析谷には水田が発達し,古くから上質米を産する米どころとして知られる。県種子センターがあり,県内の種もみ供給地となっている。近年は米作中心の農業からイチゴ,メロン,キュウリなどの蔬菜園芸,柿,栗などの果樹栽培,たけのこ栽培などの複合経営に移行している。猪尾(いのお)地区には四国最大の電力中継基地,四国電力讃岐開閉所がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android