コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総国 フサノクニ

大辞林 第三版の解説

ふさのくに【総国】

古代、上総かずさ・下総しもうさ・安房あわの三か国を含む地域の国名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総国
ふさのくに

現在の千葉県を主たる地域とし、茨城県・東京都の一部にわたる律令(りつりょう)制以前の旧国名。『古語拾遺(こごしゅうい)』によると、天富命(あまとみのみこと)が阿波(あわ)(徳島県)地方の斎部(いんべ)をこの地に派遣し麻(あさ)・穀木(かじのき)(クワ科の高木)を植えさせたところよく育ったので総国(ふさのくに)と名づけたという。総とは麻の意味と伝える。7世紀後半から末にかけて上総(かみつふさ)・下総(しもつふさ)の二国に分割された。さらに、718年(養老2)に上総(かずさ)国の平群(へぐり)、安房(あわ)、朝夷(あさひな)、長狭(ながさ)の四郡を割いて安房(あわ)国を分置した。房総地方に相当する地域である。[佐々木虔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

総国の関連キーワード千葉県市原市国分寺台中央新編相模国風土記稿新編武蔵国風土記稿千葉県市原市惣社千葉県市川市国分新編武蔵風土記稿南房総[市]松波勘十郎休暇村館山亀田 鴬谷上総の国府北下瓦窯跡久留里藩板倉重宗国分尼寺小弓御所玉前神社佐倉道中東金街道酒井忠勝

総国の関連情報