(読み)キズナ

  • ×絆
  • ×絆/×紲
  • きずな〔づな〕
  • はん
  • ふもだし
  • ほだ
  • ほだし
  • ほだ・す
  • 人工衛星
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。「夫婦の―」
などの動物をつないでおく
JAXA(宇宙航空研究開発機構)と情報通信研究機構共同開発した通信衛星WINDS(ウインズ)の愛称。平成20年(2008)2月に打ち上げ。アジア・太平洋地域の離島や山間地域における高速・大容量のデータ通信サービスの提供、災害時の通信手段の確保、遠隔診断などを目的とする。一般家庭向けに下り155Mbps、上り6Mbps、直径5メートルクラスのアンテナを利用すると、最大1.2Gbpsのデータ通信を行うことができる。
人名用漢字] [音]ハン(呉)(漢) バン() [訓]きずな ほだし ほだす
〈ハン〉つなぎとめるひも。束縛するもの。きずな。「羈絆(きはん)脚絆(きゃはん)
〈バン〉つなぎとめる。「絆創膏(ばんそうこう)
ほだし(絆)」に同じ。
「馬にこそ―かくもの」〈・三八八六〉
ほだし3」に同じ。
「縄に掛かり、足へ―をはめて居る」〈伎・四千両

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

馬をつなぎとめておく綱。ほだし。 馬にこそ-かくもの牛にこそ鼻縄著くれ/万葉集 3886

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 馬の足をつなぎとめておく綱の類。ほだし。
※万葉(8C後)一六・三八八六「馬にこそ 布毛太志(フモダシ)掛くもの 牛にこそ 鼻縄はくれ」
② 褌(ふんどし)の一種。
〘名〙 (動詞「ほだす(絆)」の連用形の名詞化)
① 馬の足などをつなぐこと。馬の足になわをからませて歩けないようにすること。また、それに用いるなわ。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 自由に動けないように人の手足にかける鎖や枠(わく)など。手かせ。足かせ。ほだせ。ほだ。
※冥報記長治二年点(1105)中「夜中独り坐して経を誦す。鏁(ホタシ)忽ちに自ら解けて地に落ちぬ」
③ 人の心や行動の自由を束縛すること。人情にひかれて、自由に行動することの障害となること。また、そのようなもの。
※古今(905‐914)雑下・九三九「あはれてふことこそうたて世の中を思ひはなれぬほだしなりけれ〈小野小町〉」
〘他サ五(四)〙
① 馬などをつないで放れないようにする。つなぎとめる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 人の自由を束縛する。→ほだされる
※中華若木詩抄(1520頃)中「羇客とかけば、羇はほだす也、ほだされた客ぞ」
〘名〙 =ほだし(絆)②〔牢獄秘録(17C中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絆の関連情報