コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きずな キズナ

デジタル大辞泉の解説

きずな[人工衛星]

JAXA宇宙航空研究開発機構)と情報通信研究機構が共同開発した通信衛星WINDS(ウインズ)の愛称。平成20年(2008)2月に打ち上げ。アジア・太平洋地域の離島や山間地域における高速・大容量のデータ通信サービスの提供、災害時の通信手段の確保、遠隔診断などを目的とする。一般家庭向けに下り155Mbps、上り6Mbps、直径5メートルクラスのアンテナを利用すると、最大1.2Gbpsのデータ通信を行うことができる。

き‐ずな〔‐づな〕【×絆/×紲】

人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。「夫婦の―」
馬などの動物をつないでおく

はん【絆】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ハン(呉)(漢) バン(慣) [訓]きずな ほだし ほだす
〈ハン〉つなぎとめるひも。束縛するもの。きずな。「羈絆(きはん)脚絆(きゃはん)
〈バン〉つなぎとめる。「絆創膏(ばんそうこう)

ふもだし【×絆】

ほだし(絆)」に同じ。
「馬にこそ―かくもの」〈・三八八六〉

ほだ【×絆】

ほだし3」に同じ。
「縄に掛かり、足へ―をはめて居る」〈伎・四千両

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふもだし【絆】

馬をつなぎとめておく綱。ほだし。 「馬にこそ-かくもの牛にこそ鼻縄著くれ/万葉集 3886

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

きずなの関連キーワード赤い絆(レッド・センセーション)Beautiful daysエモーショナル・ボンディングゆず―生きていく私とゆず僕と彼女と彼女の生きる道関係性マーケティング刑事キャレラ 血の絆サミュエル イエレンありがとう湯沢の日フレンドリーデーハハとコドモの日エンゲージメントサトシゲッコウガ笠原 健治郎幻想フォルム杉山 弘太郎いい夫婦の日江口より子家に帰る道社会的絆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きずなの関連情報