(読み)ほだし

精選版 日本国語大辞典「絆」の解説

ほだし【絆】

〙 (動詞「ほだす(絆)」の連用形の名詞化)
などをつなぐこと。馬の足になわをからませて歩けないようにすること。また、それに用いるなわ。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 自由に動けないように人の手足にかける鎖や枠(わく)など。手かせ。足かせ。ほだせ。ほだ。
※冥報記長治二年点(1105)中「夜中独り坐して経を誦す。鏁(ホタシ)忽ちに自ら解けて地に落ちぬ」
③ 人の心や行動の自由を束縛すること。人情にひかれて、自由に行動することの障害となること。また、そのようなもの。
古今(905‐914)雑下・九三九「あはれてふことこそうたて世の中を思ひはなれぬほだしなりけれ〈小野小町〉」

ほだ・す【絆】

〘他サ五(四)〙
① 馬などをつないで放れないようにする。つなぎとめる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 人の自由を束縛する。→ほだされる
※中華若木詩抄(1520頃)中「羇客とかけば、羇はほだす也、ほだされた客ぞ」

ふもだし【絆】

〘名〙
① 馬の足をつなぎとめておく。ほだし。
※万葉(8C後)一六・三八八六「馬にこそ 布毛太志(フモダシ)掛くもの 牛にこそ 鼻縄はくれ」
② 褌(ふんどし)一種

ほだ【絆】

〘名〙 =ほだし(絆)②〔牢獄秘録(17C中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「絆」の解説

ふもだし【×絆】

ほだし(絆)」に同じ。
「馬にこそ―かくもの」〈・三八八六〉

きずな[人工衛星]

JAXA(宇宙航空研究開発機構)と情報通信研究機構共同開発した通信衛星WINDS(ウインズ)の愛称。平成20年(2008)2月に打ち上げ。アジア・太平洋地域の離島や山間地域における高速・大容量のデータ通信サービスの提供、災害時の通信手段の確保、遠隔診断などを目的とする。一般家庭向けに下り155Mbps、上り6Mbps、直径5メートルクラスのアンテナを利用すると、最大1.2Gbpsのデータ通信を行うことができる。

はん【絆】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ハン(呉)(漢) バン() [訓]きずな ほだし ほだす
〈ハン〉つなぎとめるひも。束縛するもの。きずな。「羈絆(きはん)脚絆(きゃはん)
〈バン〉つなぎとめる。「絆創膏(ばんそうこう)

き‐ずな〔‐づな〕【×絆/×紲】

人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。「夫婦の―」
馬などの動物をつないでおく綱。

ほだ【×絆】

ほだし3」に同じ。
「縄に掛かり、足へ―をはめて居る」〈伎・四千両

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android