コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繧繝彩色 うんげんさいしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繧繝彩色
うんげんさいしき

装飾文様の彩色法。「暈繝」とも書く。1つの系統の色を淡い (明るい) ものから濃い (暗い) ものへと変化させて塗る場合,ぼかしによらず,数段階に分けて順次濃淡をつけていく方法。これが色の組合せの基本原則と結びついて,特に中国,唐代に発達し,日本では奈良時代以降,建築,絵画,工芸などの装飾に盛んに用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

繧繝彩色【うんげんさいしき】

繧繝はぼかしの一種で,色を淡,中,濃の3段以上に分けて,段階的に塗る技法。白地の上に各色をこの塗り方で繰り返す彩色法で,奈良時代以降仏像,仏画,仏教建築の彩色に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うんげんさいしき【繧繝彩色】

建築,絵画,工芸などの装飾文様における彩色技法のひとつ。暈繝彩色とも書く。同一系統の色彩の濃淡の変化を,ぼかしの方法によらず,濃い色調から淡い色調へ(あるいはその逆)段階式に区切りをつけながら塗ることをいう。普通,外側に最も明るい(淡い)色をおき,内側へしだいに暗く(濃く)2~3段,もしくはそれ以上に並べていくが,外側を暗色とし内側に向かってしだいに明色とする場合は逆繧繝と呼ぶ。例えば,青色系の繧繝では白群,群青,群青+墨などの変化で表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繧繝彩色の関連情報