コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美幌[町] びほろ

世界大百科事典 第2版の解説

びほろ【美幌[町]】

北海道東部,網走支庁網走郡の町。人口2万4716(1995)。地名はアイヌ語の〈ペ・ポロ〉に由来し,〈水の多い所〉の意味である。町域は屈斜路(くつしやろ)カルデラの北西斜面の洪積台地および中央を北流する網走川の沖積地などを占める。中心市街は網走川と支流美幌川の合流点付近に発達し,国道39号線と240号,243号線の分岐点となっている。かつてはアイヌ人のコタン(集落)のあった地で,1897年前後から和人が入植して開拓が始まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android