美幌峠(読み)びほろとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美幌峠
びほろとうげ

北海道東部,美幌町と弟子屈町の屈斜路湖の北西方にある標高 525m。屈斜路カルデラ外輪山を越す峠の1つで,遠く摩周湖やカムイヌプリ斜里岳,オホーツク海を望む阿寒国立公園有数の景勝地。網走市と根室市を結ぶ国道 243号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びほろとうげ【美幌峠】

北海道東部,網走支庁と釧路支庁の境にある峠。標高502m。屈斜路(くつしやろ)カルデラの外輪山の鞍部の一つで,峠を通る国道243号線は,網走,北見地方と阿寒国立公園,釧路,根室,十勝などの地方を結ぶ。峠付近はエゾマツ,トドマツの原生林におおわれ,眼下に屈斜路湖,東~北にカムイヌプリ(摩周岳),斜里岳やオホーツク海,西は遠く大雪山連峰を望み,阿寒国立公園有数の景勝地となっている。【奥平 忠志】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美幌峠
びほろとうげ

北海道東部、オホーツク総合振興局管内の美幌町と釧路(くしろ)総合振興局管内の弟子屈町(てしかがちょう)の境界にある峠。屈斜路カルデラ外輪山の鞍部(あんぶ)にあたり、太平洋斜面とオホーツク海斜面を分けている。標高525メートル。国道243号はこの峠を越えて美幌と弟子屈とを結び、阿寒摩周(あかんましゅう)国立公園の北の入口になっている。付近一帯はササを主とする草原で、眼下に屈斜路湖の全容を望むほか壮大な遠望をもって知られている。

[岡本次郎 2018年5月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

びほろ‐とうげ ‥たうげ【美幌峠】

北海道東部、屈斜路湖の西側にある国道二四三号の峠。屈斜路カルデラの外輪山の鞍部で、眼下に屈斜路湖、遠くに大雪山を望む雄大な景観で知られる。阿寒国立公園の北の入口。標高五二五メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android