コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美豆良 みずら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美豆良
みずら

大和時代に始る男子髪型の一つ。髪を頭の中央で左右に分け,両耳のあたりで束ねて輪状に結ぶ。結び目を挿す場合もある。束ねてそのまま肩まで垂らしたものは下げ美豆良という。当初は 12歳以上の男子の髪型であったが,奈良時代には元服以前の少年用となり,さらに平安時代以降は皇族の少年用に限られるようになって名称も総角 (あげまき) と変った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

美豆良【みずら】

角髪とも書く。上代男子の髪形。髪を左右に分け,毛先をそれぞれ耳の辺で結び綰(わが)ねる。毛先を髻(もとどり)の中にまるめ込むものと,端を出してたらすものとがあり,また折り曲げた毛の中央を結び,上下に輪のできるものと,上部を結び,下に大きく輪のできるものとがある。
→関連項目総角

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずら【美豆良】

古墳時代の男子の結髪の名称。人物埴輪の表現によって復原すると,長くのばした頭髪を左右に分けて両耳の付近で束ね,垂れた髪を輪に巻いて紐で結んだものである。人物埴輪の美豆良の形には,結んだ下端が肩まで垂れた〈下げ美豆良〉と,耳のあたりに小さくまとめた〈上げ美豆良〉とがある。上げ美豆良は農夫像などに見いだされる。下げ美豆良は労働には不適当であるから,この相違は身分の上下と関連するものであろう。1983年,茨城県新治村の武者塚1号墳から,樹皮状の紐で美豆良に結んだ頭髪が出土したのは,きわめてまれな例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

美豆良の関連キーワード取り成す・執り成す・取成す・執成す和歌山・大日山35号墳大和時代古墳時代みずら直衣

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android