角髪(読み)ツノガミ

  • びずら ‥づら
  • びずら〔づら〕
  • びんずら〔づら〕
  • みずら〔づら〕
  • 角=髪
  • 角=髪/角=子/×鬟/×髻

デジタル大辞泉の解説

揚巻(あげまき)」に同じ。
江戸時代、元服前の少年が結った角前髪(すみまえがみ)。
みずら」に同じ。
「うつくしげなる童の、―ゆひたるが」〈宇治拾遺・一〇〉
《「みずら()」の音変化》
みずら」に同じ。
髪の毛。
「雲の―、花の顔(かんばせ)」〈謡・楊貴妃
上代の成人男子の髪の結い方。髪を頭の中央から左右に分け、両耳辺りで先をにしてで結んだもの。平安時代以後、主として少年の髪形となった。びんずら。びずら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 上代の幼童の髪の結い方の名。髪を中央から左右に分け、両耳の上で丸く結ったもの。また、その髪に結った子ども。総角(あげまき)。〔字鏡集(1245)〕
② 江戸時代、元服前の少年が結った角前髪(すみまえがみ)のこと。
※狂歌・狂歌乗合船(1730)「祭とて鍛冶の小坊主つの髪に出立った体(なり)は鉄唐子哉」
〘名〙 (「みずら(角髪)」の変化した語) 中古、少年の髪の結い方の一つ。髪を真中から左右に分けて耳の辺りで輪形に束ねたもの。びんずら。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「うなゐはびづら結ひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android