コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義演(2) ぎえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義演(2) ぎえん

1558-1626 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)元年8月20日生まれ。二条晴良の子。足利義昭(よしあき)の猶子真言宗。山城(京都府)醍醐(だいご)寺の雅厳(がごん)について得度。天正(てんしょう)4年醍醐寺座主,のち東寺長者。慶長3年豊臣秀吉の醍醐の花見に際して伽藍(がらん)を整備し,聖教や記録を書写・整理する。元和(げんな)9年東寺の後七日御修法(ごしちにちのみずほう)を再興した。寛永3年閏(うるう)4月21日死去。69歳。日記に「義演准后(じゅごう)日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義演(2)の関連キーワード永禄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android