コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義演(2) ぎえん

1件 の用語解説(義演(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義演(2) ぎえん

1558-1626 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)元年8月20日生まれ。二条晴良の子。足利義昭(よしあき)の猶子。真言宗山城(京都府)醍醐(だいご)寺の雅厳(がごん)について得度。天正(てんしょう)4年醍醐寺座主,のち東寺長者。慶長3年豊臣秀吉醍醐の花見に際して伽藍(がらん)を整備し,聖教や記録を書写・整理する。元和(げんな)9年東寺の後七日御修法(ごしちにちのみずほう)を再興した。寛永3年閏(うるう)4月21日死去。69歳。日記に「義演准后(じゅごう)日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

義演(2)の関連キーワード織田信益金道(初代)金春元信佐々長成順専雪林曾我尚祐竹谷彦兵衛古田斎宮(初代)山本玄常