義観(読み)ぎかん

朝日日本歴史人物事典の解説

義観

没年:明治2.2.26(1869.4.7)
生年:文政6.10.3(1823.11.5)
幕末の天台宗の僧。本名は金子劇三。武蔵国新座(埼玉県新座市)の農家に生まれる。天保3(1832)年江戸上野東叡山の大慈院尭覚に師事し,尭運と称す。のち真如院義厳につき義観と改名,真如院住職を継ぐ。慶応3(1867)年,輪王寺宮執当として上野寛永寺の寺務を統括,公現法親王より覚王院の号を与えられた。明治1(1868)年徳川家救済のため法親王を奉じて駿河に赴き,東征大総督有栖川宮熾仁親王に嘆願したが不首尾に終わる。以降,一転して新政府に対する徹底抗戦を唱え,上野山内に屯集した旧幕臣有志を保護。その中心組織であった彰義隊が壊滅したのちは,会津,仙台に逃れたが東京に送致,獄中に病没した。<著作>『覚王院義観戊辰日記』

(三井美恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

義観 (ぎかん)

生年月日:1823年10月3日
江戸時代末期の天台宗の僧
1869年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android