コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義観 ぎかん

1件 の用語解説(義観の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

義観

没年:明治2.2.26(1869.4.7)
生年:文政6.10.3(1823.11.5)
幕末の天台宗の僧。本名は金子劇三。武蔵国新座(埼玉県新座市)の農家に生まれる。天保3(1832)年江戸上野東叡山の大慈院尭覚に師事し,尭運と称す。のち真如院義厳につき義観と改名,真如院住職を継ぐ。慶応3(1867)年,輪王寺宮執当として上野寛永寺の寺務を統括,公現法親王より覚王院の号を与えられた。明治1(1868)年徳川家救済のため法親王を奉じて駿河に赴き,東征大総督有栖川宮熾仁親王に嘆願したが不首尾に終わる。以降,一転して新政府に対する徹底抗戦を唱え,上野山内に屯集した旧幕臣有志を保護。その中心組織であった彰義隊が壊滅したのちは,会津,仙台に逃れたが東京に送致,獄中に病没した。<著作>『覚王院義観戊辰日記』

(三井美恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義観の関連キーワード即真周湛百如慈芳普門円通六如慈周孝暢智旭道邃六祖国清寺義観(3)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義観の関連情報