コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

度津神社 ワタツジンジャ

5件 の用語解説(度津神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わたつ‐じんじゃ【度津神社】

新潟県佐渡市にある神社。主祭神は五十猛命(いそたけるのみこと)。俗称、一宮八幡宮佐渡国一の宮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

度津神社【わたつじんじゃ】

新潟県佐渡市羽茂に鎮座。旧国幣小社。五十猛(いたける)命をまつる。祭神は素戔嗚(すさのお)尊の子で,植林・造船についての功神。延喜式内社とされる。佐渡国の一宮。
→関連項目羽茂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

度津(わたつ)神社

新潟県佐渡市にある神社。創祀不明。祭神は五十猛命(いそたけるのみこと)。佐渡国一之宮。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わたつじんじゃ【度津神社】

新潟県佐渡郡羽茂(はもち)町飯岡に鎮座。五十猛(いたける)命をまつる。一説に海童(わたつみ)神をまつるという。五十猛命は素盞嗚尊の子,樹種を播殖,植林また造船,航海漁労の神として信仰される。創建年代不詳。延喜の制で小社,のち佐渡国一宮とされる。1470年(文明2)羽茂川大洪水で社地流失ののち現在地に遷座した。旧別当寺神宮寺といい,現在そのあとに末社八幡宮が鎮座。旧国幣小社。例祭4月23日。特殊神事の妹背神楽は〈つぶろさし〉とよばれ,豊作を願うもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

度津神社
わたつじんじゃ

新潟県佐渡(さど)市飯岡に鎮座。旧国幣小社。祭神はは五十猛命(いそたけるのみこと)で、大屋(おおや)津姫と抓津(かくつ)姫を配祀(はいし)する。古くは海童神(わたつみのかみ)を祀(まつ)っていたともいう(『佐渡志』)。五十猛命は素盞嗚尊(すさのおのみこと)の子で、父尊に従い新羅(しらぎ)に至り、出雲(いずも)に帰り紀伊に渡ったことより渡津の号を称されたという。創建はさだかでないが、古来朝廷の崇敬厚く、1080年(承暦4)の御卜(みうら)により、社司に中祓(なかはらえ)を科したことがみえる(「宮主秘事口伝」)。当国一宮(いちのみや)として、また海北鎮護の大社として古来著名であった。中世に二度ほど洪水により一時社地を移したことがあるが、のち旧地に遷宮した。例祭は4月23日で流鏑馬(やぶさめ)式が催される。[平泉隆房]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

度津神社の関連キーワード相川佐渡鉱山ドンデン山両津佐渡汽船佐渡無名異亀井津平佐渡山田村善兵衛二つ岩団三郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone