コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老神温泉 おいがみおんせん

3件 の用語解説(老神温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老神温泉
おいがみおんせん

群馬県東部,利根川の支流片品川の渓谷に位置する温泉。沼田市に属する。泉質は硫化水素泉。泉温は 45~62℃。湯量にも恵まれ,皮膚病に効能があるといわれる。尾瀬沼および丸沼,金精峠を経て日光との観光ルート上にあって,観光地化が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕老神温泉(おいがみおんせん)


群馬県沼田(ぬまた)市の東部、片品(かたしな)川西岸にわく温泉。古くから皮膚病に効く湯治場とされ、近年は行楽・保養向きの温泉としてにぎわう。赤城(あかぎ)山から尾瀬(おぜ)方面を結ぶ観光ルートの拠点。北約3kmの片品渓谷には「日本のナイアガラ」とよばれる吹割ノ(ふきわれの)滝がある。単純硫黄泉(硫化水素型)。泉温66℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老神温泉
おいがみおんせん

群馬県沼田市利根(とね)町にある温泉。片品(かたしな)川峡谷の河床から湧出(ゆうしゅつ)する温泉を動力によって崖(がけ)上の旅館へ引き湯している。泉質は硫黄泉。赤城(あかぎ)の神が二荒(ふたら)の神と男体山麓(なんたいさんろく)の戦場ヶ原で戦って傷つき、この温泉に浴して治癒したという伝説に基づいて、赤城の神を祀(まつ)る風習があり、5月には蛇神輿(みこし)が繰り出す「大蛇まつり」が行われる。JR上越新幹線上毛(じょうもう)高原駅および上越線沼田駅からバスが通じる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老神温泉の関連キーワード沼田公園群馬県沼田市薄根町群馬県沼田市鍛冶町群馬県沼田市上沼須町群馬県沼田市下沼田町群馬県沼田市新町群馬県沼田市中町群馬県沼田市沼須町群馬県沼田市原町群馬県沼田市柳町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老神温泉の関連情報