コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火建築 たいかけんちく

大辞林 第三版の解説

たいかけんちく【耐火建築】

主要構造部分を耐火構造とし、さらに延焼を防止するための防火設備を備えた建築。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいかけんちく【耐火建築】

耐火性能をもつ構造部材で構成される建物をいい,内部から出火しても通常の火災火熱に十分耐え,火災後少の修理により再使用可能なことを目的とする。さらに,防火建築と同様,隣接建物からの延焼も防ぐことが目的とされる。 耐火性能をもつ構造部材としては,鉄筋コンクリート,煉瓦,石,ブロックおよび耐火被覆された鉄骨がある。歴史的には,燃えないものでつくられた建物であれば耐火性能を有すると考えられてきた(土蔵造)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

耐火建築の関連キーワード木造住宅密集地域(木密)防火地域・準防火地域ツーバイフォー工法不燃建築物促進制度連担建築物設計制度木造住宅密集地域鉄筋コンクリート簡易耐火構造準耐火建築物れんが造建築三橋 四郎準防火地域不燃領域率耐火建築物防火建築帯耐火構造建築材料大野 明耐火性能半永久的

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐火建築の関連情報