コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火建築 たいかけんちく

2件 の用語解説(耐火建築の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たいかけんちく【耐火建築】

主要構造部分を耐火構造とし、さらに延焼を防止するための防火設備を備えた建築。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいかけんちく【耐火建築】

耐火性能をもつ構造部材で構成される建物をいい,内部から出火しても通常の火災の火熱に十分耐え,火災後少の修理により再使用可能なことを目的とする。さらに,防火建築と同様,隣接建物からの延焼も防ぐことが目的とされる。 耐火性能をもつ構造部材としては,鉄筋コンクリート,煉瓦,石,ブロックおよび耐火被覆された鉄骨がある。歴史的には,燃えないものでつくられた建物であれば耐火性能を有すると考えられてきた(土蔵造)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐火建築の関連情報