職業としての政治(読み)しょくぎょうとしてのせいじ(英語表記)Politik als Beruf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職業としての政治
しょくぎょうとしてのせいじ
Politik als Beruf

M・ウェーバーが他界する直前の 1919年にミュンヘン大学で行なった講演をもとに加筆出版された著作。彼はそこで政治,国家,権力などの諸概念を規定したうえで,職業政治家のさまざまな形態と機能,彼らに必要とされる責任倫理の原則の重要性に説き及んでいる。政治家の素質としてあげられた情熱,責任感洞察力の3要素は人間の自由と尊厳を重視するウェーバーの信条を集約的に表現している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぎょうとしてのせいじ【職業としての政治 Politik als Beruf】

1919年初頭に行われた講演をもとにして同年10月に出版されたM.ウェーバー最晩年の著作。彼は,現代において政治を職業に選ぶ者が考慮すべき外的条件として,大衆民主化に起因する政党の官僚制化と指導者選出の〈人民投票的形態plebiszitäre Form〉の発展をあげ,また内的条件として暴力性をはらむ政治の世界における〈責任倫理Verantwortungsethik〉と〈心情倫理Gesinnungsethik〉との深刻な対立をあげる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職業としての政治
しょくぎょうとしてのせいじ
Politik als Berufドイツ語

M・ウェーバー著。1919年刊。敗戦、革命という混乱期に新生ドイツの政治に思いをはせて論じた情熱の書。有名な支配の三類型――伝統的、カリスマ的、合法的支配――の特質を述べたのち、ドイツでは指導者なき民主制の危険性があるので、政治を天職(ベルーフ)と考える大衆の支持を受けた人民投票的政治指導者の出現を待望している。政治指導者の資格としては、政治への情熱、責任性、何事にも距離を置いてみる冷静な判断力をあげている。そして、政治の本質が暴力という名の悪魔と手を結んでいる以上、ロマンチックな感傷に浸る心情倫理よりも、予見しうる結果に責任を負う覚悟をもつ責任倫理によって行動する政治家のほうが優れている、としている。しかし、心情倫理と責任倫理とはまったく対立するものではなく、両々相まってこそ政治を天職とする真の政治家が育成されるとしている。[田中 浩]
『脇圭平訳『職業としての政治』(1984・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職業としての政治の関連情報