コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝斑(しみ) かんぱんしみ Chloasma (Melasma)

1件 の用語解説(肝斑(しみ)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんぱんしみ【肝斑(しみ) Chloasma (Melasma)】

[どんな病気か]
 成人女性の額(ひたい)、頬(ほお)、口の周囲などにみられる、左右対称で境界が鮮明な褐色斑(かっしょくはん)です。まれに男性にもみられます。
 妊娠や避妊薬服用など、血液中の女性ホルモンが多くなると色が濃くなるため、内分泌(ないぶんぴつ)の変動が関係していると考えられていますが、詳しいことはまだわかっていません。また、紫外線もしみの色を濃くします。
[治療]
 そばかすの場合と同様、遮光(しゃこう)が効果のはっきりした対処法であり、予防法です。
 妊娠で濃くなったしみは、数か月すると自然に薄らぎます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肝斑(しみ)の関連キーワード蜆貝白浪五人女何心地猫の額額髪不死身プリマドンナ病は気から額当てドンナン効果

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone