コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥後台地 ひごだいち

2件 の用語解説(肥後台地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥後台地
ひごだいち

別称熊本台地。熊本県中部を占める熊本平野の東部,阿蘇外輪山西斜面の台地。高遊原,白水,花房,託麻原などの台地に細分される。平均標高 100~200m。台地は白川が形成した隆起扇状地で,表土は黒色ローム,赤土,下部は軽石,火山礫などから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥後台地
ひごだいち

熊本県中・北部にある、阿蘇(あそ)外輪山西裾(すそ)から一辺ほぼ18キロメートルの正方形状に広がっている洪積台地。表層は黒色ローム、赤土で覆われ、緩やかに西に傾斜しながら、標高100メートル、30~40メートル、10メートルの三段の台地面からなる。これらの台地面上に島状に点在する群(むれ)山、飯高(はんこう)山、神園(こうぞの)山、小山(おやま)山、戸島山は、台地下部を構成している阿蘇火山起源の堆積(たいせき)物供給前の中生代白亜紀の堆積岩である。地形的開析は河川沿いに激しく、なかでも北端をなす菊池川、その支流の合志(こうし)川、中央を流れる白川、南端をなす木山川、ほぼ西端をなす坪井川などでは著しい。昭和30年代前半から深層地下水の採水による開田が津久礼(つくれ)や保田窪(ほたくぼ)で行われ始め、昭和40年代後半からは九州自動車道などの道路整備に伴う工場の進出や住宅化、さらに昭和50年代後半には肥後台地の南東端に位置する高遊原(たかゆうばる)にすでに移築されていた熊本空港を核に農工業のハイテク化、住環境の質的向上を目ざした開発が展開している。これに伴い地下水の乱開発と汚染が緊急な問題となってきている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥後台地の関連キーワード熊本平野熊本県熊本市北区植木町平野熊本県熊本市中央区古城町熊本県熊本市中央区千葉城町熊本県熊本市中央区二の丸熊本県熊本市中央区古京町熊本県熊本市中央区本丸熊本県熊本市北区貢町熊本県熊本市中央区宮内熊本県熊本市中央区横手

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone