コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大畑 おおはた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大畑
おおはた

青森県北東部,下北半島津軽海峡に臨むむつ市北部の旧町域。 1934年町制。 2005年むつ市に編入。盛岡藩時代は,北国筋の廻船がヒバ材の買い付けに寄港。元禄年間には代官が置かれ,幕末にはロシアの来冦に備えて陣屋や御台場がつくられた。大部分が山地で,ヒバを主とする美林が広がり,漁業とともに林業,製材が主要産業。 1925年に国鉄大畑線 (1981廃線) が開通。付近海域はイカの漁獲が多い。大畑川上流には薬研温泉および奥薬研温泉があり,この間の渓流は薬研渓流といわれ,下北半島国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大畑
おおはた

青森県北東部、下北郡にあった旧町名(大畑町(まち))。現在はむつ市の北部を占める地域。下北半島北部、津軽海峡に臨む。1934年(昭和9)町制施行。2005年(平成17)むつ市に編入。旧町域は江戸時代には南部ヒノキを回送する西廻(にしまわり)の船でにぎわった。1939年国鉄大畑線(1985年下北交通大畑線に転換。2001年廃止)が開通し、本州最北端の終着駅大畑駅が誕生した。大畑港は近年魚市場を中心に整備され、漁船の大型化が図られている。付近の海面はイカの漁獲が多く、スルメイカは八戸(はちのへ)に次ぐ水揚げ高を示している。大畑川上流には薬研(やげん)温泉(国民保養温泉地)がある。[横山 弘]
『笹沢魯羊著『大畑町誌』(1964・下北郷土会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大畑の関連情報