コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児水腫 たいじすいしゅHydrops Fetalis

家庭医学館の解説

たいじすいしゅ【胎児水腫 Hydrops Fetalis】

[どんな病気か]
 胎児(たいじ)の全身の浮腫(ふしゅ)(むくみ)、心不全(しんふぜん)、重症の貧血などをおもな症状とする病気で、多くの場合Rh式死産となります。胎児水腫がおこる原因には、Rh式血液型不適合妊娠(「血液型不適合妊娠」)に代表される免疫性のものと、先天性心疾患や腎臓(じんぞう)の形態異常などによる非免疫性のものとがあります。
[検査と診断]
 免疫性か非免疫性かを確かめるため、母親の血液型がRh(-)かどうか検査し、母体血の間接クームス試験(コラム「クームス試験」)を行ないます。
 また、超音波断層法で胎児の頭部皮下組織の浮腫、脾腫(ひしゅ)(脾臓(ひぞう)の肥大)や腹水(ふくすい)、胎盤(たいばん)の浮腫状巨大化などの有無を調べます。羊水(ようすい)中のビリルビン様物質の測定(胎児が溶血性黄疸(ようけつせいおうだん)(「新生児溶血性黄疸」)をおこしていないか調べる)や、胎児心拍数図でのサイナソイダルパターン(コラム「サイナソイダルパターン」)の確認なども行ないます。
[治療]
 原因が免疫性の場合で、胎児が心不全をおこしたり、水腫のため危険な状態におちいっているときには、胎児を早期に娩出(べんしゅつ)し、交換輸血を行ないます。また、母体血の間接クームス試験の検査値が上昇を示したときは、抗体がつくられるのを予防する抗D抗体を使用する方法もあります。
 ただし、非免疫性の胎児水腫の場合には、根本的な治療法はありません。
[予防]
 免疫性の胎児水腫は、Rh(-)のお母さんからRh(+)の赤ちゃんが生まれたとき、お母さんに分娩後すみやかに抗D抗体を注射することで、次回妊娠の際の発症を予防することができます。
 しかし、非免疫性の胎児水腫には、特別な予防法はありません。

出典 小学館家庭医学館について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいじ‐すいしゅ【胎児水腫】

胎児の胸腔腹腔に液体がたまり、さらに全身に浮腫が生じる病気。母体と胎児の血液型の不適合によって起こるもの(免疫性胎児水腫)と、上室性頻拍症双胎間輸血症候群再生不良性貧血先天性心疾患先天性ネフローゼ症候群などによるもの(非免疫性胎児水腫)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

胎児水腫の関連キーワード胎児頻脈性不整脈妊娠中の健康管理出生前診断リンゴ病胎児胸水胎児治療

胎児水腫の関連情報