忖度(読み)ソンタク

  • ×忖度

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)他人の心をおしはかること。また、おしはかって相手に配慮すること。「作家の意図を忖度する」「得意先の意向を忖度して取り計らう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
もはかる意
他人の気持ちをおしはかること。推察。 相手の心中を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「忖」も「度」もはかる意) 他人の心中やその考えなどを推しはかること。推量。推測。推察。
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「舂韲由造化忖度委陶甄
※近代絵画(1954‐58)〈小林秀雄〉ピカソ「ピカソの真意を忖度(ソンタク)しようとすると」 〔詩経‐小雅・巧言〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忖度の関連情報