コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎結石/尿管結石 じんけっせきにょうかんけっせき Renal Calculus / Ureteral Calculus

1件 の用語解説(腎結石/尿管結石の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じんけっせきにょうかんけっせき【腎結石/尿管結石 Renal Calculus / Ureteral Calculus】

[どんな病気か]
 尿路結石のなかで、腎臓(じんぞう)内にある結石を腎結石といい、腎結石はその存在する場所によって、さらに腎杯(じんぱい)結石、腎盂(じんう)結石などに分かれます。また、腎盂・腎杯いっぱいに成長した結石は、腎臓内部を鋳型にしたような形になるため、サンゴ状結石と呼ぶこともあります。
 腎臓内でできた結石が尿管まで流れ落ちたものが尿管結石です。尿管結石は、腎盂が尿管につながる部分や、尿管と腸骨動脈(ちょうこつどうみゃく)が交差している部分、尿管が膀胱(ぼうこう)につながる部分など、もともと生理的に尿路が狭くなっている部分に多くみられます。
 腎結石や尿管結石を総称して上部尿路結石(じょうぶにょうろけっせき)と呼びます。
[症状]
 典型的な尿管結石では、腎疝痛(じんせんつう)という、突然の激痛発作に見舞われます。この激痛は、尿の流れが結石によってさまたげられ、腎盂内の圧力が急激に上昇するためにおこると考えられています。
 痛みとともに冷や汗をかいたり、吐(は)いたりすることもよくあります。尿管は蠕動(ぜんどう)運動をしているため、疝痛発作はこの動きに関係して間欠的におこります。疝痛発作がなく、背中の鈍痛や不快感だけのこともあります。
 また、結石が下降し、膀胱の入り口近くまでくると、頻尿(ひんにょう)や残尿感(ざんにょうかん)など、膀胱炎に似た症状がみられます。
 肉眼でわかる血尿が出ることもありますが、顕微鏡でしかわからない微量な血尿であることが多いようです。
 結石による尿路の傷に細菌が感染したりすると、発熱がおこる(「腎盂腎炎(腎盂炎)」)ようになります。
 しかし、腎結石でもまったく症状がないこともあり、健康診断での胃のX線検査や腹部超音波検査などで偶然見つかることもあります。
[検査と診断]
 疝痛発作などの自覚症状があれば、尿検査、腹部X線撮影、超音波検査によって診断がつきます。単純X線撮影で結石かどうかはっきりしなかったり、結石のほかに病気がないかみるためには、静脈から造影剤を注射してX線撮影をする排泄性腎盂造影検査(はいせつせいじんうぞうえいけんさ)を行ないます。
[治療]
 形が比較的なめらかで、大きさが1cm以下の結石は、自然に下降して尿道口から排出される可能性がありますので、尿の流れがさほどさまたげられておらず、痛みもあまりなく、腎盂腎炎による発熱もない場合は、水分を多くとるとか尿管を広げる効果のある薬の服用くらいで、数か月間ようすをみます。
 しかし、結石が大きいとか、尿の通過がひどくさまたげられている場合は、まず体外衝撃波結石破砕術(ESWL(尿路結石の「尿路結石の治療法のいろいろ」))を試みるのが一般的です。ESWLでの効果がなかったり砕石片が残ったときは、内視鏡的な治療(TUL(尿路結石の「尿路結石の治療法のいろいろ」))を併用します。
 現在、特別な場合を除いて、外科的な手術を行なうことはほとんどありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

腎結石/尿管結石の関連キーワード疝痛腎結石尿結石尿石尿路尿路結石サイレントストーンシュウ酸結石尿酸結石ヒドロキシアセタミド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone