コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍繰 へそくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臍繰
へそくり

主として家庭の主婦が内緒にたくわえる銭。へそは,紡いだ麻糸を巻いたものとすると,懐中を意味する臍とする説がある。前者は,女たちが苧麻 (ちょま。カラムシ) を糸に紡ぐとき,私用に使うものを少しずつ取分けておいたことに発する説であろう。また,ところによって針箱銭,苧笥 (おごけ) 銭の呼称があるのは,それらが女性専用の容器であり,内緒金を隠した場所から出た呼称であると思われる。臍繰は私の金であり,公の金を動かすことができなかった女性たちの自由になる金であった。ときには実家の母からこうした私金をもらい受けることも各地でしばしばみられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

臍繰の関連キーワードへそくり臍繰り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android