コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動楽器 ジドウガッキ

世界大百科事典 第2版の解説

じどうがっき【自動楽器 automatic instrument】

演奏を機械じかけで自動化した楽器の総称。既存の楽器を自動式に改めたもの,通常の演奏もできる両用のもの,自動装置が別で着脱自由なもの,元来自動式として作られたものがある。ピアノ,パイプ・オルガン,ハルモニウム,木琴,ハープ,バイオリン,チェロ,チャイム,カリヨン,オルゴール,電子オルガンシンセサイザーなどにみられる。最も古いものはカリヨンで,ピンの立てられたローラーをハンドルで回すとピンがハンマーを動かしてベルを鳴らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じどうがっき【自動楽器】

機械仕掛けで楽曲を演奏する仕組みになっている楽器の総称。オルゴール、自動ピアノの類。日本で明治時代に作られたものに紙腔琴しこうきんがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自動楽器
じどうがっき
mechanical (musical) instrument英語
mechanische Musikinstrumenteドイツ語

人間が直接には演奏に関与せず、機械装置によって演奏される楽器の総称。19世紀までの自動楽器は、円筒を手や時計仕掛け、風力などで回転させることで、円筒に植えられたピンがてこを動かし、各種楽器を鳴らす仕組みになっていた。もっとも古いものはカリヨンで、14世紀にはすでに自動演奏されている。16世紀以降は自動のオルガンやバージナルが愛好された。自動オルガンは18~19世紀にイギリスの教会でも使われ、19世紀にはロール紙を用いた機構が発明された。これは、音の高さと長さに応じた穴があけられた紙を送って空気の流れを断続させ、空気の圧力を利用して楽器を演奏する仕組みで、演奏時間が制約されない利点をもつ。20世紀初頭には、実際の演奏を記録できる自動ピアノも開発された。日本では、明治時代にリードを使ったロール紙式の紙腔琴(しこうきん)がつくられた。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自動楽器の言及

【電気楽器】より

…パイプ・オルガンを見本として出発し,現在ではまったく独自の楽器となって急速に普及している電子オルガンの類や,多様な音が自由に合成できるように種々の機能回路を網羅したミュージック・シンセサイザー(シンセサイザー)の類があげられる。(4)自動楽器に応用しているもの。モーターで風圧をつくり,穿孔テープによって演奏機構が風圧で動かされる方式の自動楽器が20世紀初め多く造られた。…

※「自動楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自動楽器の関連キーワードボーカンソン楽器博物館からくり

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動楽器の関連情報