コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然神学 しぜんしんがく theologia naturalis

5件 の用語解説(自然神学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然神学
しぜんしんがく
theologia naturalis

キリスト教神学の一部門。神についての認識をイエス・キリストによる啓示に直接よらないで,理性の能力によってのみ探究していこうとする神学の部門。これによって啓示神学が反理性的でないことを間接的に証明しようとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐しんがく【自然神学】

キリスト教神学の一。神の啓示を、キリストの恩寵(おんちょう)以外に、人間の理性によっても認知できるとするもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

自然神学【しぜんしんがく】

英語natural theologyなどの訳。啓示ではなく,自然的理性によって神の存在や属性を考察する学の体系。啓示神学に対する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんしんがく【自然神学 natural theology】

啓示にたいする信仰を出発点とする啓示神学と違って,自然的理性の光の下に到達された,神の存在や属性をめぐる認識の学的体系。哲学的神学あるいは神義論と同義に用いられることもある。神(あるいは神々)と宇宙世界の根源とを同一視する立場からすれば,自然神学の歴史はイオニア自然哲学者までさかのぼることになる。同様に,この語をもってプラトンアリストテレスの神学について語ることができる。用語としては前1世紀のローマの文人ウァロが神学を神話的,自然的,国家的の3種類に分類したのに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぜんしんがく【自然神学】

キリストにおける啓示を基礎とする啓示神学に対し、人間に本来的に与えられている理性(自然の光)によってキリスト教の真理性を証明しようとする神学。すでにトマス=アクィナスの思想に、こうした傾向が萌芽的に見られる。理神論なども含む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然神学の関連キーワードアルトハウス啓示啓示宗教玄義コーラン啓示文学出発点プロテウスの啓示《神の新しい啓示》啓示神学

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然神学の関連情報