舟形[町](読み)ふながた

百科事典マイペディア「舟形[町]」の解説

舟形[町]【ふながた】

山形県中北部,最上郡の町。最上川が北西流し,小国(おぐに)川が合流する。中心の舟形は羽州街道宿駅として発達奥羽本線,陸羽東(りくうとう)線が通じ,国道13号線と47号線の交差地。稲作,野菜栽培を行う。東日本大震災で,町内において被害が発生。119.04km2。6164人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「舟形[町]」の解説

ふながた【舟形[町]】

山形県北東部,最上郡の町。人口7546(1995)。北の新庄市,南の尾花沢市中間に位置し,最上川と支流小国川が流れる。中心の舟形は江戸時代には羽州街道の猿羽根(さばね)のふもとに発達した宿駅であり,最上川舟運の河港でもあった。奥羽本線,陸羽東線,国道13号,47号線が通じ,1961年に13号線に猿羽根峠トンネルが開通して交通はさらに便利となった。町域一帯は亜炭埋蔵量が多く,第2次大戦中と戦後しばらくの間採炭されたが,輸入石油の増加により急速に衰微した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android