コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟形町 ふながた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舟形〔町〕
ふながた

山形県北東部にある町。新庄市の南に位置し,南西から北東に細長い町域を占める。中央部を最上川が北西流し,西端の堀内で,西流してくる小国川を合流,流域に平坦地が広がる。南部は出羽山地,東部は奥羽山脈に属する山岳地帯で,町域の大部分が山地。 1954年舟形村,堀内村が合体し町制。地名は古くは鮒方 (ふなかた) と書き,フナの形をした石が出たことに由来するといわれる。近世は羽州街道と北羽前街道の交点にある宿駅として栄え,昭和 20年代から 30年代にかけては亜炭褐炭の産出で知られた。米作を主に,畑作も行われる。小国川でのアユ釣りは有名。中央部を JR奥羽本線が南北に走り陸羽東線を分岐している。面積 119.04km2。人口 5631(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

舟形町の関連キーワード山形県最上郡舟形町長者原山形県最上郡舟形町舟形山形県最上郡舟形町長沢山形県最上郡舟形町堀内山形県最上郡舟形町富田出羽仙台街道中山越縄文のビーナスR舟形町の要覧山形県最上郡西ノ前遺跡舟形(町)西又かぶ長沢和紙長尾かぶ舟形紙長沢

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟形町の関連情報