コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

般化 はんかgeneralization

翻訳|generalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

般化
はんか
generalization

心理学用語。汎化とも書く。 (1) 条件づけの過程において,ある刺激に対して特定の反応が起るようになると,類似の刺激に対しても同じ反応が生起するようになる。これを刺激般化という。これに対して,ある刺激に対し反応するように条件づけられたのち,その刺激に対して類似の反応が生起する場合,これを反応般化という。 (2) 一般化ともいう。一般的概念が形成される思考過程概括作用ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐か〔‐クワ〕【般化/汎化】

generalization》心理学で、一定の条件反射が形成されると、最初の条件刺激と類似の刺激によっても同じ反応が生じる現象(刺激般化)。これに対して、同一の刺激がさまざまな反応を引き起こすときを反応般化という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

般化の関連キーワードギブソン(Elenor Jack Gibson)generalizationヤン(楊)‐ミルズの理論ドネイ‐ハーカーの原理マルチシンクモニター感性的予備条件づけエイギョウ(営業)都市銀行・地方銀行アサンブラージュマスファッション一般化された他者ポアッソンの括弧補仮想仕事の原理位相空間(物理)テギン(特勤)アービトラージ最小作用の原理Eチャンドラーヒルトの法則

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android