コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船台 せんだいbuilding berth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船台
せんだい
building berth

船を新造して進水させたり,修理するとき引揚げて作業する場所。造船台ともいう。船の条件として,(1) 建造する船が安全に進水できるように適当な斜面になっていること,(2) 建造する船の重量に十分耐えられること,(3) 船の大きさに応じたクレーンなどの設備,電力,ガス,清水,酸素,海水などの供給設備があることなどがあげられる。最近のように超マンモス・タンカーを建造するには,船台がこの条件をなかなか満たせないので,地面を掘って海水を出し入れできるドックを使うのが一般的になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐だい【船台】

造船所内に設けられた、船体を載せる台。造船台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

船台【せんだい】

造船所で船体を建造・修理する場所と設備。ふつう水辺に直角に造られ,進水に適当な角度で水辺に向けて傾斜をつけ,後端部は相当深く水中に延長して,開閉可能の扉を設け,進水時には船尾の浮揚を早めるため水を入れる。
→関連項目船殻造船造船所

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せんだい【船台】

船を建造または修理するために船体をのせる構造物。造船台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船台
せんだい

船体を建造し、進水させるための構造物。船の重量および進水時の大きな力に耐えるようにコンクリートで強く固めてつくり、その下の地盤にも十分な基礎工事を行う。進水に便利なように、造船所内の海岸または河岸に直角に配置し、水面に向かって緩い傾斜をつけてある。この上へ、適当な大きさに分けて組み立てた船体各部のブロックを順次運び込んで、船体を建造してゆく。このほか、ドックの底を船台とした建造ドック式の船台もある。ドックへ注水すれば船が浮くので、困難な進水作業を省略でき、大型船の建造に適している。[森田知治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の船台の言及

【造船】より

…加工が終わった部材は組み合わせられ,溶接によって船体を構成するブロックに組み立てられていく。この組立工程は,取り扱うブロックの大きさによって小組立て,中組立て,大組立て,総組立てに分けられ,徐々に大きなブロックとしていくが,ドック(建造ドック)または船台近くで行われる総組立てでは100~500トン程度となる。 完成したブロックはドックまたは船台上にクレーンで積み上げられ,このブロックどうしをさらに溶接で接続して船の形に組み立てていく。…

※「船台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

船台の関連キーワードカヌー競技用語集ブロック式建造ブロック建造法浮きドックトンネル沈埋工法浦賀船渠捕鯨母船戦艦武蔵里見義弘トリガキール船大工進水台盤木蹴上船架

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船台の関連情報