船引[町](読み)ふねひき

世界大百科事典 第2版の解説

ふねひき【船引[町]】

福島県東部,田村郡の町。人口2万4071(1995)。阿武隈高地中部に位置し,南西は郡山市に接する。町域は移ヶ岳(うつしがたけ)(995m)や黒石山,片曾根山などの残丘と標高400~500mの隆起準平原状の小起伏面からなる。中心集落の船引は中央部を西流する大滝根川の流域にあって,JR磐越東線が通じ,国道288号線と349号線が交差する阿武隅高地の交通の要地磐越自動車道,船引三春インターチェンジがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android