コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良心の自由 リョウシンノジユウ

4件 の用語解説(良心の自由の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょうしん‐の‐じゆう〔リヤウシン‐ジイウ〕【良心の自由】

人がその良心に従って行動する自由。憲法の保障する基本的人権の一。→日本国憲法第19条

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうしんのじゆう【良心の自由】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良心の自由
りょうしんのじゆう

思想および良心の自由」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

良心の自由
りょうしんのじゆう
libert de conscienceフランス語
Gewissens freiheitドイツ語

もとは西欧16世紀末、カトリックプロテスタント宗教戦争の時代に、被支配者側に信仰の自由を容認する寛容の条令のなかで用いられた用語。各自が宗教の事柄に関して、自己の良心に従って行動する自由の権利を保障することばである。それゆえ、信仰の自由Glaubensfreiheit(ドイツ語)としばしば並置され、ほぼ同義である。しかし、今日では各自の倫理的行動一般に関しても拡張して(たとえば兵役拒否)用いられる。[加藤信朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の良心の自由の言及

【思想および良心の自由】より

…ひろく内心の自由をいう。憲法19条は,〈思想及び良心の自由は,これを侵してはならない〉と定めている。旧憲法には,このような規定は存在しなかった。…

※「良心の自由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

良心の自由の関連キーワード精神的自由権不文憲法性役割主動自律独立独歩身勝手良心的感情に走る遵法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

良心の自由の関連情報