コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色代納 しきだいのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色代納
しきだいのう

荘園制のもとで,本来定まっている年貢物の代りに,雑穀,油,綿,布,銭貨などを納めること。本来,年貢物は多く米であったが,美濃国茜部荘のように絹綿が正年貢で,13世紀前半には銭を色代として荘園領主東大寺に納めているところもある。このような銭を色代銭という。代銭納は,鎌倉時代末期以後貨幣流通の進展に伴って一般化し,ことに遠隔地の荘園からの年貢に多く,桃山時代,豊臣秀吉によって米納に統一されるまで続いた。江戸時代には「いろだいのう」といって,米や銭の納入困難な場合,わら,むしろ,ぬか,くり,綿,竹などの雑品で代納した。 (→銭納 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきたいのう【色代納】

中世、租税を米で納める代わりに塩・油・絹布など、その土地の産物で納めたこと。雑納。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色代納
しきだいのう

中世の荘園(しょうえん)、公領などで、米など規定の年貢物にかわって、各種の生産物、加工品、さらには銭貨(せんか)によって行われた年貢物代納の制度。個々の荘園、公領では凶作、生産条件の変化、さらには荘民などの要求によって、規定年貢物の貢納が困難になった場合、米などにかわって絹、綿、麻、布、麦、大豆、油、塩などで代納される例がみられた。また鎌倉中期以降には商業の発達、銭貨流通の増大、中央の権門(けんもん)社寺など荘園領主経済における貨幣依存の度合いが増えるにつれて、銭貨による年貢物代納、すなわち色代銭納例も増えていった。色代納の普及は、米納中心の貢納形態に変化を与え、各地の特産物生産と、特産物貢納を促進する一つの契機となった。[佐々木銀弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の色代納の言及

【色代】より

…色代納の意で,租税・年貢などをあらかじめ決められた品目以外の品で納入することをいう。色代のことはすでに1081年(永保1)の若狭守藤原通宗解にみえ,その中で通宗は調絹1疋を代米1石あるいは1石5斗で納入したいと述べている。…

※「色代納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

色代納の関連キーワード中世産物

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android