コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色消しレンズ いろけしレンズ achromatic lens

6件 の用語解説(色消しレンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色消しレンズ
いろけしレンズ
achromatic lens

色収差を補正した組合せレンズ色収差を補正するために,レンズの材質,屈折面の曲率半径,レンズの配置などの間で満たされるべき条件を色消し条件という。すべての色に対して完全に色消しするのは非常に困難であるが,使用する波長範囲内の適当な2つか3つの光に対して色消しすれば,ほぼ目的が達せられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いろけし‐レンズ【色消しレンズ】

色収差を補正したレンズ。ふつう2種類以上のガラスを用いて二つ以上の波長の光について補正する。→アクロマチックレンズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

色消しレンズ【いろけしレンズ】

分散能と屈折率の異なる凸凹のレンズを組み合わせ色収差を補正したレンズ系。クラウンガラスの凸レンズフリントガラス凹レンズを組み合わせて,赤と青の光について色収差を消す(アクロマート)。
→関連項目オイラー集光器収差ドロンド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いろけしレンズ【色消しレンズ achromatic lens】

色収差が補正されたレンズ。屈折率および光の分散(アッベ数)の異なる2枚以上のレンズを組み合わせて作る。二つの単色光に対して色収差を補正したものをアクロマートachromatといい,望遠鏡や双眼鏡の対物レンズでは2枚のレンズをはり合わせて作られたものが広く用いられている。この場合,単色光としてはフラウンホーファー線のF線(波長486.1nm,青),C線(656.3nm,赤)を選ぶのが一般である。二つの波長の単色光に対して2枚のレンズをはり合わせたはり合せレンズの合成焦点距離が等しい,すなわち横の色収差が0となる条件は,近似的にf1/f2=-ν21で与えられる(このとき縦の色収差も同時に除去される)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いろけしレンズ【色消しレンズ】

色収差を補正したレンズ系。アポクロマート。 → アクロマチック-レンズ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色消しレンズ
いろけしれんず

色収差を補正したレンズ。1枚の単レンズでは、どうしても色収差が生ずる。これを防ぐには、2枚のレンズを密着させて、1枚のレンズで生じた色収差を他方のレンズで打ち消すようにする。このようにして色収差を補正したレンズをアクロマートという。アクロマートでは二つの波長に対してだけ色収差が補正され、その他の波長に対しては色収差が残る。この残存色収差を補正して、もっとよい色収差の補正状態に達したレンズのことをアポクロマートという。これは、3枚以上のレンズを組み合わせて、三つ以上の波長に対して色収差がなくなるようにしてある。写真製版やIC(集積回路)製作用のレンズは、アポクロマートにする必要がある。高倍率の顕微鏡対物レンズもアポクロマートであることが望ましい。同じガラスでできた2枚の単レンズを適当な距離だけ離したレンズ系でも、焦点距離の色消しを達成できるので、望遠鏡や顕微鏡の接眼レンズとして用いられる。[三宅和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の色消しレンズの言及

【レンズ】より

…当時の眼鏡レンズはほとんどすべて透明な鉱石,とくに水晶や緑柱石(ドイツ語でBeryll)を材料にした高価なもので,ドイツ語で眼鏡をブリレBrilleと呼ぶのはそのなごりである。 その後,顕微鏡(ヤンセン父子,H.リッペルヘイ,1590‐1609ころ),望遠鏡(リッペルヘイ,1608ころ),色消しレンズ(J.ドロンド,1758ころ)などの発明を経て,さらに19世紀以降の各種光学ガラスの製造,レンズ設計法の確立とあいまって,現代の複雑で高性能のレンズの出現へと発展してきた。光学
【近軸光線による結像】
 もっとも単純なレンズは,初めに述べた1枚のレンズで単レンズと呼ばれ,眼鏡や虫眼鏡に用いられる。…

※「色消しレンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

色消しレンズの関連キーワード色収差アポクロマートアクロマチックレンズEDガラス軸上色収差倍率色収差光ファイバーレンズ複玉横収差レフレックスレンズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone