コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦原[町] あわら

百科事典マイペディアの解説

芦原[町]【あわら】

福井県坂井郡,福井平野北部を占める旧町。えちぜん鉄道が通じる中心の芦原は温泉町として発展。食塩泉。40〜70℃。一帯は水田が開け,野菜,葉タバコ,ナシも栽培,芦原焼を特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あわら【芦原[町]】

福井県北端,坂井郡の町。1955年北潟,本荘2村を合体。人口1万4570(1995)。坂井平野加越台地にまたがり,日本海に臨む。芦原温泉で広く知られるが,沖積地は米作,台地は畑作,酪農を主とする静かな農村である。竹田川自然堤防を占める本荘は平安末期から中世に栄えた興福寺の荘園河口荘十郷の中心で,ここの春日社は旧十郷にある同荘の総社,式内井ノ口神社と伝え,同荘開拓の基となった十郷用水末端の竹田川落ち口に鎮座する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone