花筏(読み)ハナイカダ

デジタル大辞泉の解説

はな‐いかだ【花×筏】

ハナイカダ科の落葉低木。山地の木陰に生え、高さ約1.5メートル。葉は卵円形で先がとがり、縁に細かいぎざぎざがある。雌雄異株。初夏、葉面の中央部に淡緑色の花をつけ、黒色の丸い実を結ぶ。ままっこ。 春》
水面に散った花びらが連なって流れているのを筏に見立てた語。また、筏に花の枝をそえてあるもの。筏に花の散りかかっているもの。 春》
花の折り枝を筏にそえた文様。また、紋所の名。
[補説]書名別項。→花筏

はないかだ【花筏】[書名]

外村繁長編小説。昭和33年(1958)刊行。「草筏」「」とあわせ筏3部作と呼ばれるシリーズの最終作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はないかだ【花筏】

散った桜の花びらが帯状に水に浮かんで流れて行くのを筏に見たてていう語。 [季] 春。
家紋の一。筏に桜などの花を取り合わせたもの。
ミズキ科の落葉低木。山中の林下に自生。枝は緑色。葉は互生し、広卵形。雌雄異株。五月頃、葉面中央部に淡黄緑色のごく小さい花を少数個つける。和名は花を乗せた葉を筏に見たてたもの。果実は球形で黒く熟す。ママッコ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花筏 (ハナイカダ)

学名:Helwingia japonica
植物。ミズキ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はな‐いかだ【花筏】

〘名〙
① 水面に散った花びらが連なって流れているのを筏に見立てた語。また、筏に花の枝の折り添えてあるもの。筏に花の散りかかっているもの。《・春》
※歌謡・閑吟集(1518)「吉野の川の花いかだ、うかれてこがれ候よの、こがれ候よの」
紋所の一つ。筏に花の枝をあしらった図柄のもの。
※俳諧・犬子集(1633)二「川の瀬の文所かや花筏〈正信〉」
③ ミズキ科の落葉低木。北海道の北部を除く各地の山林内に生える。高さ一~三メートル。葉は互生し柄があり葉身は楕円形ないし卵形で先端は尖り、縁に細鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。初夏、葉面の中央に淡緑色の小さな単性花をつける。雄花の花弁は四個、雌花の花弁は三個。果実は径約一センチメートルの扁球形で黒く熟す。果実と若葉は食べられる。花をのせた葉を筏にたとえてこの名がある。漢名、青莢葉。ままっこ。ままこのき。さいそうか。さいそうろう。《季・春》 〔大和本草批正(1810頃)〕
④ おしろい下に用いた油性の香料の名。
⑤ 摂津国伊丹(兵庫県伊丹市)産の酒の名。
※長唄・月雪花名残文台(1820)寒行雪姿見(まかしょ)「ぴんと白菊花筏、差すと聞いたら思ふ相手に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

花筏
はないかだ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
安政1.11(京・北側芝居)

花筏
(通称)
はないかだ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
傾城花筏
初演
元禄12.1(京・布袋屋梅之丞座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花筏の関連情報