コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花筏 ハナイカダ

3件 の用語解説(花筏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はな‐いかだ【花×筏】

ミズキ科の落葉低木。山地の木陰に生え、高さ約1.5メートル。葉は卵円形で先がとがり、縁に細かいぎざぎざがある。雌雄異株。初夏、葉面の中央部に淡緑色の花をつけ、黒色の丸い実を結ぶ。ままっこ。 春》
水面に散った花びらが連なって流れているのを筏に見立てた語。また、筏に花の枝をそえてあるもの。筏に花の散りかかっているもの。 春》
花の折り枝を筏にそえた文様。また、紋所の名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

花筏

古典落語の演目のひとつ。上方種。三代目三遊亭圓馬が東京に紹介した。「提灯屋相撲」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はないかだ【花筏】

散った桜の花びらが帯状に水に浮かんで流れて行くのを筏に見たてていう語。 [季] 春。
家紋の一。筏に桜などの花を取り合わせたもの。
ミズキ科の落葉低木。山中の林下に自生。枝は緑色。葉は互生し、広卵形。雌雄異株。五月頃、葉面中央部に淡黄緑色のごく小さい花を少数個つける。和名は花を乗せた葉を筏に見たてたもの。果実は球形で黒く熟す。ママッコ。 [季] 春。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花筏の関連キーワード自然淘汰撒水毎朝見がてら霧消散毛散(ばら)貯蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花筏の関連情報